〒486-0857
春日井市浅山町一丁目2番61号
(春日井市総合福祉センター内)
TEL 0568-85-4321(代表) FAX 0568-86-3156


メニュー
社協ブログ

フォークソング~♩大全集~♫

福祉の里

 
 皆さん!こんにちは (^O^)
 毎日暑いですね・・・(; ´∀`)```` 今年の暑さは、暑いを越えた暑さですね・・・異常なほどの気温です。ほんとに熱中症に気をつけてくださいよ~屋内にいてもちゃんと水分をマメに補給してくださいね・・・

 さて・・・以前のブログでもご案内していましたが、7月21日(土)『歌声アトリウム』を開催しました~♩
 今年は「フォークソング大全集」といたしまして、事前に来館者の方からリクエストを集めていました。その中から抜粋した14曲を皆さんと一緒に歌いましょう~♫と言うイベントです。
 utagoe-1.jpg
 いつもの「ハッピーコンサート」などとは異なり、より皆さんと楽しさを分かち合えるかな?と思い、観客席もかなり近づけた配置にしてみました。また、伴奏者(今年の伴奏は・・自称”タケウチリョウマ”とのこと)の左右にマイクを置き、観衆の方の中から歌いたい方は自由に歌っていただこう!と利用者参加型のコンサートでした。
 『皆さんナイフは持参しましたか?』と、のっけからギャグで挨拶~(-_-)
 フォーク大全集なので・・・(分っていただけましたか?)

 まずは最初の曲、井上陽水さんのヒット曲「夢の中へ」
 さぁ~トップに歌ってくれる人~?・・・『ハイ!』と高々と手を挙げて参加してくれましたよ o(*^▽^*)o~♩
 なかなかトップバッターで歌うのに、抵抗を感じる人が多いのですが、この企画を理解し実行してくださるなんて・・・感謝かんしゃ!(人-)謝謝
 utagoe-2.jpg
 1曲目からノリノリ~ ( ≧ ∀ ≦ ) ♪  うれし~♫ 楽し~♬
 こんな感じで2~3曲・・・と続いて行きました。
 utagoe-3.jpg utagoe-4.jpg
 「太陽がくれた季節」「時代」「青葉城恋歌」「遠い世界に」
 どの曲も、その時代の中心となった曲ばかり・・・
 歌と歌の間には、フォークソングのアラカルトのお話や裏話なども・・・そんな話にも、フムフム・・・と頷いてくださいます。 o('ー'o)ウン♪
 配布した歌詞カードをじっくりながめ、ギター伴奏に合わせて大きな声を出してくれました!100名を越える観衆の方々と一緒になって発声する声!カラオケとは、ひと味もふた味も違った生演奏のメロディーに合わせて歌うこと!こんな経験はあまり出来なかったでしょうね。歌われてる皆さんの顔は、本当に輝いていました。( ^ ω ^)bグッジョブ!!
 
 『乗ってるかい!』『イエーイ!』なんて掛け声にも『乗ってるかい?JR』と、時折のジョークトークが場を和ませ、伴奏者と観衆の皆さん、そしてお隣に座った者同士の距離を縮め、和やかな雰囲気の中で『歌声アトリウム』は進行します。
 utagoe-5.jpg utagoe-8.jpg
 「翼をください」「神田川」「学生街の喫茶店」「サボテンの花」
 今から45~50年近く前に流行ったフォークソング。今でも色褪せることなく、どこかで誰かに歌い継がれています。
 『歌声アトリウム』も終盤・・・佳境に入ります。ここまで10曲を歌ってきました。でも皆さんまだまだ歌い足りないようです。
 「乾杯」「いい日旅立ち」「あの素晴らしい愛をもう一度」
 utagoe-7.jpg
 皆さんでの大合唱する曲もあれば、歌われる方の歌声をじっくり聴いてみたり・・・
 さっきまで隣に座っていた知らない方も、肩を組んで一緒に歌えるくらいの仲間になったようでした。
 そしてラストの曲は「いちご白書をもう一度」
 utagoe-6.jpg
 今回のフォーク大全集で選んだ曲は、どれも甲乙つけがたい曲ばかりでしたが、特にこの「いちご白書をもう一度」は、懐かしのフォークソングの中でも常に上位に入る曲ですね。歌ってくれたお二人も、この歌が流行った青春時代を頭の中で思い起こしていたことでしょう。
 終わった後も客席から『アンコール』を求める声が聞こえてきました。
 歌詞カードの曲はすべて歌い終えたのですが、まだまだ皆さんは歌い足らない様子・・・伴奏者の自称”タケノウチ”さんは、「なごり雪」を選曲!
 歌詞をリードしながら皆さんと一緒に歌い『歌声アトリウム』は終演を迎えました。
 あっ!という間の15曲~♪ 皆さん楽しんでくださったのかな?

 フォークソングは反政治的、反戦歌としてレコード発売中止や放送を禁止されることが多かったですね。当時のフォークソングを歌っていたアーティストの方々は、男性でありながら髪を肩まで伸ばし、ヨレヨレのジーンズ・・・学生集会で政府を批判することを歌っていました。人が集まり共感することで世の中を変えようとしていたようです。

 今回リストにあがった14曲・・・利用者からのリクエストを中心に選曲させていただきましたが、それぞれに色々な想いがある曲だったと思います。
 学生運動に参加した方!あの歌で勇気づけられた!この歌を聴くと哀しい別れを思い出す!など・・・自分が聴いて共感した歌は、生涯忘れることはないでしょうね。
 五線紙に乗ったメロディと、歌詞の中に秘められた言葉のひとつひとつに、当時の自分を繋ぎ合わせて・・・
 想い出は、その人にとっての重りにもなると感じています。年を重ねるたびに、重りも大きくなり、やがて安定した人生の土台になるのだと思っています。
 楽しそうに歌っている皆さんの顔は、白髪も皺もない青春真っただ中!でしたよ。
 また次回も参加してくださいね・・・(^O^)/ ~see you again!~

 長文、最後まで読んでいただきありがとうございます。
 以上Mr.RAINBOWでした~♫ 〆(▽⌒〃)










 


カテゴリー:イベント・講座
このページの先頭に戻る